米原 亮三 / Ryozo Yonehara

NPO日本文化体験交流塾 理事長

【現在】
・特定非営利活動法人日本文化体験交流塾理事長(2008年8月~)
・観光庁「通訳案内士の活用方策に関するワーキンググループ」メンバー
・観光庁「通訳案内士研修高度化に関する検討会」委員
・全国通訳案内士団体ネットワーク会議世話人
【プロフィール】
東京大学経済学部を卒業して、都庁へ入る。
知事室で鈴木都知事の秘書。自治体国際化協会ニューヨーク事務所次長として、米国の地方自治・NPOの状況を調査、30余州を訪問。
帰国後、国際化施策担当課長として国際交流・協力団体との連携を推進。東京ビッグサイト総務部長、産業労働局参事(観光まちづくり担当)として、観光・コンベンション行政、観光人材の育成を推進。2008年3月都庁を早期に退職。
都庁に対しては様々な機会を与えてくれたことを感謝。
【著書・論文】
・「ネットワーク時代の地球市民の生き方」(中央経済社)
・「東京都 多様性に満ちた市民社会」 (駒井洋、渡戸一郎編「自治体の外国人政策」明石書店所収)
・「米国コネチカット州グリニッチ・タウンの地方自治」(都市問題86巻1号・87巻1号)
・「大都市における観光まちづくりの理論的な考察」(日本国際観光学会論文集Vol14)など
・「観光キーワード事典」(松陰大学観光文化研究センター編)
・「通訳ガイドハンドブック(首都圏版)」編著
【地域づくりの信念】
1:「伝統文化は、異文化との交流があって継承・発展・創造が可能」
2:「持続的な市民活動には適切な対価が不可欠」
3:「地域の活性化は補助金でなく、人々の自主的な取組が鍵
【趣味】
スキー・自転車など、アウトドア派。
特に、登山歴は30余年で、日本百名山は、90を超える。グルメとワイン。
【好きな国】
米国、スペイン、オーストリア、ドイツ、デンマークなど
【BLOG&ホームページ】
True Japan Tours / IJCEE (Facebook)
実況中継 日本文化体験交流塾成長日記 (BLOG)